データサイエンス

選挙と内閣支持率

(内閣支持率と選挙の間の相関は低いと思われます) 9月27日に国葬が行われました。 世論調査では、反対が、賛成を上回っていました。 2021年に行われた東京オリンピックでも、世論調査では、反対が、賛成を上回っていました。 ここで取り上げたいのは、賛成…

交差検証法(1)~文系のためのデータサイエンス入門

(良いモデルとは予測精度の高いモデルではありません) 交差検証法の考え方を説明します。 1)重回帰分析 モデルを目的変数をy、説明変数をxとします。 xが原因で、yが結果と考えても構いません。 次の式は、xが原因で、yが結果のモデルです。 y=f(…

人生観の課題

(新しいモデルとなる人生観が必要です) 1)システム障害 日本の大学は、卒業するのが容易ですから、「18歳の大学入試まで勉強して、偏差値の高い大学に入って、勉強して、大企業に勤めて、社長や部長になって、65歳で定年退職する」ことが、典型的な望ま…

日本は市場経済がなりたっているのか

(日本は市場経済ではないのかもしれない) 2022/09/24の日経新聞に、三菱総研の武田洋子氏の2022年の第3四半期(4から6月)の生産コストの消費者物価への転嫁率の試算がでています。 それによると、日本は28%、米国は73%、欧州は49%だそうです。 生産者…

デジタル社会へのレジームシフトモデル

(レジームシフトモデルで見ると、現在の日本のDXは成功するとは思えません。) 1)レジームシフトモデル レジームシフトモデルは、生態学から借りたものです。 しかし、Web4.0や、5Gよりも、はるかに役に立つと思います。 Web4.0や、5Gは単に技術進歩を表…

嵐の前の静けさ

(嵐の前の静けさを感じます) 9月も終わりに近づいて、違和感を覚えます。 1)コロナウイルス対策はどこかで変換点を見つけなければなりませんが、引き延ばしになっています。 2)円安も145円をつけて、いくら日銀が強弁しても、無理があります。10年国債…

統一教会問題とセキュリティ

(軍事的なセキュリティ問題が論じられないのは、利害関係者がいるからでしょうか) 安倍元首相の暗殺から、選挙の間に、統一教会の名前はでてきませんでした。 これは、確認がとれなかったので、当然であるという説明もあります。 リーク情報は、裏が取れて…

アーキテクチャ(30)

イノベーションとアーキテクチャ (イノベーションとアーキテクチャの関係を整理します) 1)シュンペーターモデルの分解 シュンペーターは、イノベーションが、経済発展の原動力であるといいます。 エマニュエル・トッドは、人口学の視点で、エンジニアの人…

アーキテクチャ(29)

脳科学とアーキテクチャ (アーキテクチャを考える脳は、ヒストリアンの脳と別です) 1)工業社会の思考パターン 前回、工業社会の思考パターンを次の3点に要約しました。 (1)正解のコピー (2)均一の規格品 (3)考えないことがベスト 工業社会の思…

アーキテクチャ(27)

理解と誤解の狭間 (理解を確認する方法は、基本的で重要な課題です) 1)理解できたこと 理解の判断は難しい問題です。 Aさんが、カントを読んで理解できたと感じたとします。 次に、Bさんが、カントを読んで理解できたと感じたとします。 この2つの理解…

アーキテクチャ(26)

訓詁学と研究アーキテクチャ (英語圏では、原典主義が人文科学のアーキテクチャではありません) 1)原典主義と訓詁学 今まで、アーキテクチャは、ビジネスやデジタル社会との関係で論じてきました。 筆者は、アーキテクチャの問題は、科学や、生物多様性に…

アーキテクチャ(25)

スマートシティとアーキテクチャ (スマートシティはアーキテクチャの試金石です) 1)自治体OS売ります 「自治体OS売ります」は、2022年3月に、Novel Daysに筆者が書いた小説のタイトルです。 これは、DX問題を小説にするためには、目に見える形にする必要…

アーキテクチャ(24)

CPS(cyber physical system)とアーキテクチャ (CPSとアーテクチャの関係を整理します) 1)柴田本 柴田友厚氏は、2022年8月に、「IoT戦略と日本のアーテクチャ戦略」という本(以下柴田本)を出版しています。 柴田本は、伝統的な自動車などのモノづくり…

アーキテクチャ(23)

工業社会のアーキテクチャと風のビジネス (デジタル社会ヘノレジームシフトの最大の障害は、工業社会のアーキテクチャのクリアです) 1)工業社会のアーキテクチャ 風のビジネスの起源は工業社会のアーキテクチャです。 工業社会のアーキテクチャは多くの…

アーキテクチャ(22)

検査・治療・ランキング (検査・治療を例に、アーキテクチャの説明をします) 1)検査・治療のアーキテクチャ 体の調子が悪い時は、病院で検査を行い、治療します。 検査をしたままで、治療をしないことはまずありません。 これは、病院に行く目的が、体調…

アーキテクチャ(20)

エンジニア育成とアーキテクチャ (エンジニアの育成にエンジニア教育は重要ですが、エンジニアが能力を発揮できるジョブの提示が優先します) 1)デジタル社会のアーテクチャ アーキテクチャは、エンジニアの独占ではありません。ビジネススクールのケース…

アーキテクチャ(19)

年功型雇用の闇 (年功型雇用で賃金が上がらない仕組みを説明します) 1)ジョブ型雇用のルール ここで、日本の賃金が安い理由を整理しておきます。 その前に、世界標準のジョブ型雇用のルールを復習しておきましょう。 ジョブの内容はジョブディスクリプシ…

アーキテクチャ(18)

(デジタル社会に対応したジョブ中心の賃金体系のアーキテクチャを構築する必要があります) 1)同一労働同一賃金2.0 1-1)同一労働同一賃金1.0 スウェーデンでは、2008年には差別法が制定され、性別、民族・出身国、宗教・信条などを理由とする差別を禁…

アーキテクチャ(16)

ケースメソッドとテクニシャン (ジョブディクリプションが、アーキテクチャ実現の鍵を握ります) 1)ケースメソッドとアーキテクチャ ケースメソッドの目的は、アーキテクチャの作成能力の習得にあると書きました。 良いアーキテクチャの作成には、常に全…

アーキテクチャ(15)

ビジョンとアーキテクチャ (実現可能なビジョンには、アーキテクチャが必須の条件です) 1)男女共同参画基本計画 前回は、3本の矢の3本目にアーキテクチャが設計できなかったことが、産業競争力が得られなかった原因であると分析しました。 ここでは、実際…

アーキテクチャ(14)

三本の矢とアーキテクチャ (アーキテクチャの視点を使えば、経済政策はスタート時点で評価もできます) 1)政府の経済対策 政府は、過去20年間、景気対策やデジタル化推進の政策を進めてきました。 結果から見れば、それらの政策は、十分な効果を上げること…

アーキテクチャ(13)

<アーキテクチャシリーズの冒頭の内容紹介の原案です> デジタル社会に生き残る国と企業は、アーキテクチャの優劣で決まる (本の全体の紹介をします) 1)この本は、どのようは読者のためのものか 2050年には、2015年の仕事の50%が無くなると予測されて…

アーキテクチャ(12)

ケースメソッドとアーキテクチャ (ケースメソッドの学習目的は、アーキテクチャの作成能力の習得にあります) 1)香港科技大学(HKUST) ウィキペディアによれば、1991年創立の香港科技大学(HKUST)は、Times Higher Education世界大学ランキング2019ではアジ…

アーキテクチャ(11)

日本人とアーキテクチャ (今まで、日本人は、アーキテクチャを軽視してきて、そのツケが、DXにきています) 1)半導体製造装置のアーキテクチャ 2021年12月14日のET timesで湯之上隆氏は、日本の半導体製造装置について次のように述べています。 <== …

アーキテクチャ(10)

アーキテクチャの例 (ここでは、具体例でアーキテクチャを説明します) Google XやAmazonは膨大な数の新規プロジェクトを立ち上げて撤退しています。 立ち上げたプロジェクトで、撤退しないで、生き残る割合は、1割以下と思われます。 このようなプロジェク…

アーキテクチャ(9)

霞が関のアーキテクチャ (霞が関のアーキテクチャを変えるべきです) 前回、書き忘れた点を追加します。 1)ヒストリアンとビジョナリスト 「ヒストリアンとビジョナリスト」を書いたときには、どうして日本は、ヒストリアンだらけなのかと疑問を抱いてい…

アーキテクチャ(8)

政治アーキテクチャとソリューショニズム (霞が関のソリューショニズムが問題にされないのは異常です) 1)ソリューショニズムの拡散 ソリューショニズムをここでは、伊藤穣一氏に準じて、問題に対する対処療法と考えます。 例によって、外国の文献をあり…

アーキテクチャ(7)

世界の AI 競争を評価する (「人間中心のAI研究所」のGlobal AI Vibrancy Toolを元に世界の AI 競争を評価します) 1)Global AI Vibrancy Tool(国際AI活性度評価ツール) 折角の機会なので、Global AI Vibrancy Tool(国際AI活性度評価ツール)をみてお…

アーキテクチャ(5)

ソリューショニズムとアーキテクチャ (最近、話題にのぼるモロゾフ氏のソリューショニズムを分析します) 1)モロゾフ氏のソリューショニズム ソリューショニズムはモロゾフ氏(Evgeny Morozov)の「To Save Everything、 Click Here」(2014)に出てきた…

アーキテクチャ(4)

安倍晋三元首相銃撃事件の警護とアーキテクチャ 1)警護の検証・見直し結果 安倍晋三元首相銃撃事件について、8月25日に3つの動きがありました。 (1)安倍晋三元首相銃撃事件で警察庁が8月25日に公表した警護の検証・見直し結果は、銃撃を許した安倍氏の…