山本康正の描く5年後の破壊的企業の世界

11月15日発行の山本康正「2025年を制覇する破壊的企業」を読みました。

内容は、世界先端企業11社の紹介です。

5年前に10年後、2025年に、仕事の半分は、なくなっているという予測がありましたが、本書は簡単に言えば、その企業版で、2025年には、企業の半分はなくなっているという予測です。「破壊的企業」とは、5年後に、従来の企業を破壊しているという意味です。

IT企業を中心とした業界予測で、この手のものは例えば、経営コンサルタント大前研一の出しているものが広く読まれていると思いますが、大きな違いは次の点です。

  • 鮮度、情報の新しさがけた違いです。

  • 企業のトップにITエンジニアがいない会社は5年後にはつぶれます。経営コンサルタントは、企業のトップに、技術のことも勉強してくださいねというスタンスですが、それでは、変化についていけません。このことを明示しています。なぜ、テスラが強いのかその理由がここにあります。日本株式会社も危機的です。

  • アメリカの企業の強さが、コンピュータサイエンスにあることを重視しています。「机上で行う理論的な数学のトレーニングとは異なり、コンピュータサイエンスではどれだけコードに触れてきたか。美しいコードに出会えてきたか。この経験がものをいいます。」とその理由を説明しています。日本のコンピュータサエンティストは美しくないレガシーコードを扱っている人が多すぎると思います。

本書は5年後に必須な5つのスキルとして、次をあげています。

  • 英語

  • ファイナンス

  • データサイエンス

  • プログラミング

  • ビジネスモデルが読める

アメリカのIT企業は、個人としては欠けるものがあっても、トップはグループとしては、これらの条件をクリアしています。日本の企業のトップは条件をクリアできていないと思います。スキルをトレーニングすべき、大学も厳しいです。山本康成は大学の特任教授もしているようなので、ニーズはあるようですが、スキルを習得できた卒業生の数を考えると、必要な卒業生数とカリキュラムのギャップは大きいです。さらに、人材の質では、本書によると「18歳でコンピュータサイエンスの博士を取得した天才がごろごろいる」アメリカとは、比較にもなりません。

  • 2025年を制覇する破壊的企業 (SB新書)

www.amazon.co.jp

 

カラーバランスで紅葉の編集(9)

機材の比較(追加編)

今回は残りの機材のデータです。

画像は、RAWデータを露光補正、レンズ補正した上で、カラーバランスを調整しています。前々回にカラーバランスのことを言及することを忘れていました。

機材の一覧は以下です。()が撮影条件で、焦点距離が、フルサイズ相当です。

キャノンEos Kiss M 15-45mm F3.5-6.3(ISO100、1/250sec、54mm、F8.0)

パナソニック LX-100 (ISO320、1/100sec、35mm、F8.0)

フジフィルム XF-10 18.5mm F2.8 (ISO200、1/120sec、28mm、F8.0)

写真1はキャノンのキットズームです。キットですが、18-55mm改訂されて、よく写ります。前回の11-22mmに比べると、押しが弱い感じがしますが、それは、設計上、風景だけでなく、ポートレートにつかうことも考えているためと思われます。旧レンズの望遠55mmは換算88mmでしたので、ポートレートの基準の85mmをカバーしていましたが、このレンズは45mmで換算72mmなので、望遠は若干不足していますが、望遠側は暗いので、非常用にしかならないとも思われます。

写真2はパナソニックのm4/3コンデジです。ISOが320と若干上がってしまったので、ノイズが乗っている感じもしますが、夕日の光はきちんと再現できています。このカメラが、通常持ちあるくときの機種です。

写真3は、フジフィルムのAPS-Cコンデジです。換算28mmでF2.8 固定レンズなので、もうちょっとレンズにかんばって欲しいです。センサーはこれが一番新しくなります。

 

 

f:id:computer_philosopher:20201127165118j:plain

写真1 キャノンEos Kiss M 15-45mm F3.5-6.3(ISO100、1/250sec、54mm、F8.0)

 

f:id:computer_philosopher:20201127165141j:plain

写真2 パナソニック LX-100 (ISO320、1/100sec、35mm、F8.0)

 

f:id:computer_philosopher:20201127165204j:plain

写真3 フジフィルム XF-10 18.5mm F2.8 (ISo200、1/120sec、28mm、F8.0)

 

極上の焼き芋の焼き方(45)

2時間30分140度ー90度ー140度法+アルミホイル袋(Lサイズ)

Aさんの紅はるかで2Lサイズが1本あったので、アルミホイル袋を使った加熱を試してみました。

これは、サツマイモが大きすぎて、キャセロールに入らないためです。

サツマイモの重さは、焼く前が623gで、焼き上がりが574gでした。

加熱法は、オーブンで、140度60分ー90度30分ー140度60分です。

写真1が焼きあがった紅はるかです。蜜は出ていません。

写真2が、焼き芋の断面です。断面は透明になっていません。

結果は、失敗でした。これで、2L以上の紅はるかの焼き芋は全て失敗したことになります。

2L以上は加熱が難しいので、各段の工夫が必要か、サツマイモの質に問題があるかのどちらかと思われます。

加熱時間はかなり大きめにとる必要がありそうです。

 

f:id:computer_philosopher:20201127164657j:plain

写真1 焼きあがった紅はるか

 

 

f:id:computer_philosopher:20201127164727j:plain

写真2 焼き芋の断面

 

つくば市谷田部保健センター・文教センター~つくば市とその周辺の風景写真案内(240)

つくば市谷田部保健センター・文教センター

谷田部保健センター・文教センターは、旧谷田部町役場の一角にあります。谷田部町役場は、つくば市谷田部支所として、利用されたあと、現在では撤去されています。また、谷田部保健センター・文教センターに隣接してあった町営プールも現在では撤去されています。撤去された後は、双方とも更地です。一方、圏民ホールと体育館はつくば市に移管後も引き続き使われています。この3つの中では、つくば市谷田部保健センター・文教センターが圧倒的に美しいです。設計は、(株)石本建築事務所です。2階は、図書室になっています。現在は、つくば市立図書館の支所です。3階は郷土資料館ですが、通常時は閉鎖されています。つくば市の合併まえには、桜村もそして、恐らく他の自治体も、競うように、郷土資料展示をしましたが、展示物がすくなく、訪問者が少ないため、常時は閉鎖されています。

写真1と写真2はセンターの外観です。三角形の屋根をきれいに配置したデザインになっています。ただし、どのアングルから撮影しても、電柱と電線で悲惨なことになっています。

写真3は、2階の入り口のホールです。このホールは、1階を通らずに、写真1と2の手前に写っている建物外側の階段から入ることができます。正面のタイルには、谷田部町のマークが描かれています。右側の階段は、3階の郷土資料館の入口につながっています。

 

f:id:computer_philosopher:20201125184727j:plain

写真1 谷田部保健センター・文教センター

 

f:id:computer_philosopher:20201125184747j:plain

写真2 谷田部保健センター・文教センター

 

f:id:computer_philosopher:20201125184901j:plain

写真3 谷田部保健センター・文教センター(2階ホール)

 

カーネマンとコロナ対策~コロナウィルスのデータサイエンス(160)

感染者数が増えているので、緊急事態宣言を出すべきか否かが議論になっています。

しかし、カーネマンの「ファースト&スロー」を読んだことのある人であれば、とてもまともに話を聞いていられないと思いますので、ちょっと、補足しておきます。

カーネマンの主張は、簡単に言えば、次になります。


人間に思考判断には2種類ある。

ファーストな判断は、ヒューリスティックに基づく。簡単に言えば、昨日までの判断を継続することで成り立っている。状況が大きく変わらなければ、この方法は有効である。人間の判断の9割近くは、この方法をつかっている。

スローな判断は、思考に基づく。この方法は時間がかかる上に、エネルギー効率も悪い。スローな判断だけをしていると、生存ができない。したがって、例外的な思考法である。しかし、状況が変化するとき(ヒューリスティックが使えない)には、この方法が必要になる。


簡単に言えば人間は、パスカルの言うような考える葦ではなく、ファーストな判断にのりかかった葦なのです。スローな判断は、生存に必ずしも有利に働くとは言えません。また、普通の人は、習慣的に、ファーストな判断をすることが多いのです。

これは、囲碁で言えば、まず、定石(ファースト)を使い、時々、手を深く考える(スロー)を使うわけです。

また、社内ルールで、今までしてきた方法だから、続けるというのはファーストそのものです。今年は、忘年会をやらないという判断は、ファーストではできない訳です。

ですから、当面はGo To事業はやめない、当面は緊急事態宣言はださないというのは、ヒューリスティックですからファーストな回路を使っていますということと等価な発言になります。問題は、スローな回路を使うには、時間がかかりますから、事態が緊急になる前に、しっかり考えておかないと、この回路は使えないわけです。緊急事態になってから、緊急事態宣言を出しますというのは、何にも考えられませんと告白していることと等価です。考えているとしても、頭を使わないマスコミの評判とか、表面的なものにとどまっているはずです。

反応がファーストであれば、理由は今まで行っていたことにしまありません。すくなくともカーネマン流にみれば、この場合には、まともに取り合っても仕方がないことになります。

www.amazon.co.jp

 

ポスト物理学の因果モデル(1)

はじめに

このブログの連載では、データサイエンスの立場でモノを考えることを基本にしています。その場合、「科学とは何か、非科学(信頼できないもの)は何か」が問題になります。これは、最近のブログで扱っているテーマで言えば、「「事実」とは何か、「真実」とは何か」というテーマや、「「真実」とは何か、「ポスト真実」とは何か」というテーマに関連します。(注1)

スーパーコンピュータ富岳で計算したものは、「事実」であるという趣旨の発言をされている方もいますが、あまりに、サイエンスのリテラシーを疑われるような発言は控えるべきと思います。

さて、科学とは何かを論ずる学問は「科学哲学」になります。科学とは何かを理解するには、「科学哲学」の本を読んで理解するのも一つの方法ではありますが、読まない方法もあると考えています。というのは、科学哲学の最初は、物理学に関する検討から始まり、物理学の成功を見て、なぜ、物理学が成功をおさめて、他の科学があまり成功しないのかという疑問にこたえる形で、理論を構築しているからです。

哲学という学問は、「なんでのいいからひたすら考えればなんとかなるさ」が基本姿勢です。そうはいっても、素材なしには、ものを考えることはできません。文字の書ける人が少なく、更に、論理的にものことを考える人が少なかった時代には、この基本姿勢でよかったと思われますが、19世紀に、この方針にいきづまりが生じます。一つは、考えるテーマは何でもよいのではなく、トラウマになりうるような強烈な体験をしてしまうと、頭の中にあるイメージが固定化してしまい、「なんでもいい」とは言えないと考えます。これが、実存主義です。逆に、なんでのいいのではなく、ネタの素材が豊富な方がまともな論理展開ができると考える方法です。このネタに物理学を使ったのが、初期の科学哲学です。一見すると、「なんでもいいから」という条件を取り去ったので、汎用性を失ったようにも思われますが、科学には多量の観測データがありますから、「目の前にあるリンゴ」を問題にするよりはまともな議論ができます。

哲学の本にはよく、「目の前にあるリンゴ」とか、「目の前にある机」が出てきて、そうした例はサンプルであって、その例で、一般的な検討ができることを暗黙の了解にしていますが、これは、明らかに間違っています。(注2)この観測データは、再現性の検証がなされますので、この不都合を避けることができます。科学哲学の素材に、生物学やデータサイエンスを採用したらどうなるかが、ここでの検討対象になります。なお、最近の科学哲学は、専門科学毎に分けて考えることが主流になりつつあります。たとえば、生物学の科学哲学といった具合です。しかし、ここで論じたいのは、生物学の科学哲学ではなくて、専門科学を越えた因果律の問題です。

さて、前世紀には、物理学の因果モデルの影響は非常に大きく、例えば、ワインバークは、物理学は一流の学問だが、生物学などの他の科学は二流だといいます。これは、世界は物理法則のように決定論で記載できるはずだという信念です。しかし、我々は、ノーベル物理学受賞者であるワインバーグ先生のいっていることは間違っていることをしっています。生物学の法則の一部はDNAで書かれています。このDNAの設計図をコピーし、設計コードを使って物質を作るときに、エラーが発生ます。しかも、これがたまたま起きたエラーで済む問題ではなく、がんなどの病気の原因になることをしっています。つまり、生物学の法則は、物理学のように決定論では書けませんが、それは、二流であるとか、レベルが低いとかいう問題ではないのです。

 

 

 

注1:

「事実」と「真実」は使いやすい用語ですが、ポスト真実を入れると次の対比になります。

1:「事実」<=>「真実」

2:「真実」<=>「ポスト真実

つまり、単純には、1:「事実」=2:「真実」、1:「真実」=2:「ポスト真実」という対比が出来てしまいます。

しかも、ポスト真実という場合には、例えば、トランプ大統領は、「ポスト真実」の前のオバマ大統領の発言は、「真実」であって、暗に、”「ポスト真実」≠事実、「真実」≒事実”とかんがえているフシがあります。しかし、グレン・カールさんはあくまで、「真実」≠事実という前提でモノを考えています。なお、グレン・カールさんの元の英文をチェックしたかったのですが、グレン・カール(GLENN CARLE )さんは、Newsweek Japanのコラムニストで、英文は公開されていないようです。

 

注2:

ここでは、言葉の限界があること、ルール(アルゴリズム)とデータはセットでしか意味がないことがその原因です。

 

https://www.amazon.co.jp/%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25AF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0/e/B077ZS3GF3?ref=sr_ntt_srch_lnk_3&qid=1606346928&sr=1-3

 

カラーバランスで紅葉の編集(8)

機材の比較(キャノン編)

こうして並べてみると、キャノンでは標準のキットレンズを全く使っていないことに気が付きました。前回のオリンパスを含めても、使っている標準レンズは、12-40mm F2.8 proだけです。このレンズは、キットレンズにもなっていますが、3グレードの一番上のproレンズで、よく写ります。EF-Mのキットレンズも初代の18-55mmから、現在の15-45mmに交代して、かなり改善していると思います。ただ、12-40mm F2.8 proとでは、勝負になりません。なので、キャノンは、広角ズームか単焦点しか使っていません。

写真1から写真4にキャプションを付けています。

カメラは、写真1と2がEosM3、写真3と4がEos Kiss Mですが、Kiss Mの方が、ダイナミックレンジが広く、中間トーンが多く保存されています。

写真2のレンズは、広角ズームなので、主に風景写真で使われることを念頭において設定されていると思います。風景写真用のレンズ、天候は晴れ、絞りはF8.0ですから、ほぼ、完璧な条件です。写真の期待にこたえて、ほぼ満点に近いと思われますが、並べて、好きかといわれれば、話は別です。

写真4はこの中では、一番良いレンズと思われますが、やはり表現力は4枚の中では、抜きんでています。

前回のオリンパスと比べると、キャノンの写真は硬い感じがします。筆者はキャノンのフルサイズカメラは持っていませんが、コピーライトフリーのRAWサンプルのキャノンの5D mk IVの画像を見ても同じ感じを受けますので、これは、絵作りのコンセプトの違いと思います。

機材の一覧は以下です。()が撮影条件で、焦点距離が、フルサイズ相当です。

キャノンEOSM3 22mm F2.0(ISO100、1/800sec、35mm、F5.0)

キャノンEOSM3 11-22mm F4.0-5.6(ISO100、1/250sec、18mm、F8.0)

キャノンEOSKissM 22mm F2.0(ISO100、1/320sec、35mm、F6.3)

キャノンEosKissM 32mm F1.4(ISO100、1/320sec、50mm、F5.6)

追記:FE-Mの標準ズームレンズでも写真を撮ってみましたので、次回に紹介します。

 

 

 

f:id:computer_philosopher:20201126194008j:plain

写真1 キャノンEOSM3 22mm F2.0(ISO100、1/800sec、35mm、F5.0)

 

 

f:id:computer_philosopher:20201126194029j:plain

写真2 キャノンEOSM3 11-22mm F4.0-5.6(ISO100、1/250sec、18mm、F8.0)

 

 

f:id:computer_philosopher:20201126194101j:plain

写真3 キャノンEOSKissM 22mm F2.0(ISO100、1/320sec、35mm、F6.3)

f:id:computer_philosopher:20201126194123j:plain

写真4 キャノンEosKissM 32mm F1.4(ISO100、1/320sec、50mm、F5.6)