御宿つるや(長野県軽井沢町)~つくば市とその周辺の風景写真案内(532)

旧軽井沢ロータリーから旧碓氷峠方面へ向かう約500 mの区間(長野県道133号旧軽井沢軽井沢停車場線)が旧軽井沢のメインストリート(旧軽井沢銀座)で、かつては中山道の軽井沢宿があったところです。

中山道の軽井沢宿の旅籠屋では、つるやが、軽井沢宿の場所で、江戸時代から引き続き経営しています。

軽井沢の旅篭屋は、参勤交代で栄えましたが、明治になって、旅行客が激減して、営業不振になります。

現在まで続いている旅篭屋は、このつるやと「亀屋」です。「亀屋」は、脇本陣である旧軽井沢郵便局(現在の軽井沢観光会館)の近くにありましたが、その後、移転して、万平ホテルになっています。

写真1が、つるやの入り口です。中山道の石のマークと、昔ながらの看板がでています。

写真2は、道路から見た、つるやです。部屋数は25部屋で、けっして大規模な旅館ではありません。

改装を繰り返しているので、建物の外観に昔の面影はありません。

旅館の前の道を、写真2の左の方に、下っていくと、旧軽井沢銀座の商店街にでます。

 

 

軽井沢観光会館(長野県軽井沢町)~つくば市とその周辺の風景写真案内(521) 2021/09/07

 

  • 軽井沢宿 wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2%E5%AE%BF

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

  • 万平ホテル wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%87%E5%B9%B3%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB

 

f:id:computer_philosopher:20210917225622j:plain

写真1 御宿つるや

 

f:id:computer_philosopher:20210917225641j:plain

写真2 御宿つるや

 

前の記事

みらい平さくら公園(つくばみらい市) ~つくば市とその周辺の風景写真案内(531) 2021/09/17

次の記事

なないろこまち~つくば市とその周辺の風景写真案内(533) 2021/09/19