カラーキャリブレーションとフードフォト

darktableのカラーキャリブレーションは、ホワイトバランスよりも、強力な色調整ができます。ホワイトバランスは、daylightを基本とした色温度のカラーモデルですが、darktableには、このモデル以外に、黒体放射のモデルを持っています。

 

カラーバランスは、白と思われるエリアをピックすると、それに合わせて、色調整をしてくれます。

 

フードフォトの場合には、食品の暖かさを表現するために、ホワイトバランスを若干赤が強くなる方に、シフトするのが原則です。

 

カメラのシーンモードで、料理の設定がある場合に、料理シーンに設定すると、ホワイトバランスが赤にすこしだけシフトするはずです。

 

写真1は、daylightで、若干赤を強くしています。

 

写真2は、daylightで、若干赤を一番弱くしています。フードフォトのセオリーでは、避けるべき方法です。

 

写真3は、ピッカーを使って、皿の白い部分に、合わせています。こうするとdaylightではなくなります。このモードでは、皿の白い部分が正確に白になっています。

 

3枚の中では、これが、一番美味しそうに見えます。

 

つまり、カラーキャリブレーションを使うのであれば、カラーバランスを暖色にふるよりも、白い皿を際立たせる方が、見栄えがするように思われます。

 

このように、カラーキャリブレーションでは、ピッカーでひろう白であるがはずの部分を微調整することで、微妙なカラーバランスを簡単に調整することができます。

 

 

 

写真1

 

 

写真2

 

 

写真3