darktableで部分カラー画像を作る(2)

今回は、周囲を黒ではなく、セピアにしてみます。

写真1は、カラーライズで、マスクの外側をセピアに着色しています。 色が、薄く、本来のセピアではないように見えます。

写真2では、lut 3D でセピアのLUTを読み込んでいます。

色は、セピアらしくなりましたが、明るさが、明るすぎます。

写真3では、トーンイコライザーで、マスクの外側を暗くしています。

写真4は、仕上がりです。

犬の周りに、白いフェザーが残っています。

トーンイコライザーでは、ゾーン毎にフィルターを設定しています。このフィルターが、フェザーと同じような効果を発揮します。このため、トーンイコライザーでは、マスクのフェザーは無効になります。 ただし、操作の統一性を図るために、マスクのサブメニューの構成は、他のモジュールと同じで、フェザーの調整のスライダ―があります。

しかし、トーンイコライザーでは、このスライダーを動かしても変化は起こりません。

この辺りの再調整は、次回に行います。

f:id:computer_philosopher:20220307234043j:plain
写真1

f:id:computer_philosopher:20220307234056j:plain
写真2

f:id:computer_philosopher:20220307234114j:plain
写真3

f:id:computer_philosopher:20220307234129j:plain
写真4